2010年04月28日

二度手間

ホームセンターでコンセントのプレート約30枚と水栓金具などを購入しました。
レジの女性はプレート1枚づつのバーコードをスキャナーされました。
一つづつチェックをされることで間違いなく清算はされてました。
金額の間違いはないだろうと思いました。
同じお店でもいろいろのやり方があると思いました。
以前、今回と同様に、種類の違うもの数点づつ購入したことがあります。
その時は、同じ種類のものごとに分けて、○○が何点、△△が何点・・・というように清算をされました。
今回は、以前のような清算をする方のレジに並べばよかっと思いました。
数を間違えて買ってしまったのです。
違うものが1枚余り、ほしいものが1枚足らずだったのです。
時間も遅く明日また行って買ってこなくてはいけません。
自分の不注意だったですが、レジの方の少しの配慮で二度手間にならずにすんでいたかもしれません。
百円均一のお店では、数を数えるだけで清算されています。
数多く買ったとき大丈夫かなと思うことがあります。
自分が損をしなければいいと考えているからですね。
身勝手なセコイところを再認識するのは嫌ですね。
森建築工房



posted by モリケン at 21:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2010年04月27日

沈黙は金

「自転車を借りるで」と女房に言うと、「キーキーと音がすよ」とのことでした。
乗ってみるが音がしない。直ったようだ。
女房に「音はせんかったで」の言葉に、「うそー」
「本当で」・・・・
女房の一言「音がするのは、体重のせい」・・・・無言
「うん」「ううん」も言えず。沈黙・・・・
森建築工房




posted by モリケン at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月26日

「ご自由に・・・」

事務所の前に「ご自由にお持ち帰りください」と張り紙をした。
現場の作業時に出た合板の半端材を10枚程度出しておきました。
1台の車が踏切でいったん停止し、バックして事務所の前に止まり、出していた材料のほとんどを持って行かれました。
梯子を積んだ、建築関係?の方だと思います。
ご近所の方に使ってもらえばと思い、置いていたのですが残念でした。
毎年夏休みの期間、事務所の前に子供たちに「夏休みの工作用」と書いて木切れを出しているのですが、子供より大人が持ち帰ることが多くなりました。
昨年には、同じ男性の人が木切れを補充するごとに、取りに来ていました。
自転車で、1日のうちに数回やってきては、木切れを持ち帰ります。
あまりにひどいので、子供たちのために出しているので、「もう取りに来ないで下さい」とお断りした方もありました。
また1シーズンに1、2度、箱の中の木切れを、根こそぎ持ち帰りされることもあります。
「ご自由に・・・」だから「どれだけ持って行っても、いいじゃないか!」かもしれませんが、もう少し気づかいが欲しいと思います。
産廃処分をされずに、利用されることは嬉しいことです。
そろそろ、夏休み用の木切れ集めを、やらないといけませんね。
森建築工房



posted by モリケン at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月25日

出会い

昨晩は珍しいものとユニークな方に出会いました。
キセル(煙管)です。
胴が竹製の携帯用で短めのものでした
何十年ぶりに、キセルで刻みたばこを吸っているところを見ました。
友人の送別会で初めてお会いした、「工作室きつつき」の藤本さんです。
紋付を羽織りジーパン姿の個性的な方でした。
木工をされているとのこです。
木の性質と加工する刃物のことなど、ものづくりの話は面白かったです。
サラリーマンから木工職人の道へ進まれたようです。
今は「やりたいことをやっている」がやり始めのころは「やらなくてはいけないことをやっていた」という事でした。
ものづくりをしている方の、共通の通過点のように思いました。
収入がなくては好きな材料も手に入らないので、なんでもやりますと頑張ったそうです。
今は栗の木を使って家具をつくることが多いそうです。
日本の古い住宅な話なども面白く伺いました。
「きつつき」に時間を取って行ってみようと思います。
ペンシルビル2階のブルーフラットカフェで、しっかりと飲んでしっかり食べての、楽しい時間を過ごしました。
森建築工房



posted by モリケン at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月24日

ホタル族

長男が松山から転勤で広島に帰ってきます。
住まい探しを1週間前にして、近所に住むことに決定しました。
住まいは以前の方が出たばかりで、内装はそのままの状態でした。
内部の改装をこちらで実施するようにしました。
和室2部屋の2DKです。
和室の畳を撤去して洋室に変更の工事と、壁のクロス、床のクッションフロアーの張り替え工事です。
クロスの剥がしを女房と二人でやっています。
女房は左利きなので、剥がし方を教えてもなかなか思うようにいかなっかたようです。
要領良くなった頃には、ほぼ完了状態です。
室内はタバコを吸われていたようで、壁、天井のクロスが茶色に変色しています、
我が家ではタバコを吸うものがいないので、帰ったとき「たばこ臭い」とよく言われます。
以前ご夫婦2人住まいの、マンション改修工事をさせてもらった時のことを思い出しました。
完成してきれいになったとき、娘さんが来られ「お父さん、タバコはベランダですってね」という事がありました。
数週間後のお伺いすると、ベランダに灰皿が置いてありました。
おご主人いわく「改修工事をして、居心地が悪くなった」と言われました。
ご主人は数年前に亡くなられましたが、天国でゆっくりとタバコを楽しんでおられると思います。
森建築工房
posted by モリケン at 16:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2010年04月23日

人感センサー

現場から残材を引き上げていたら、突然の雨ですっかり濡れてしまいました。
最近の天気は、どこか変です。
暑かったり、寒かったり、梅雨のような雨の降り方をしたりで困ります。
子どものころから、私はちびでしたので、負けず嫌いでよくこんなことを言っていました。
雨が降るとき「わしは一番あとの雨が当たるので、放射能の被害が遅い」と背の高い友達に言っていました。
訳のわからないこと言っていたものです。
現場の作業をしている者にとっては、雨は降ってほしくないものです。
農業をされている方には申し訳ありません。
雨で材料が濡れても困るし、搬入搬出なども大変です。
雨の降りはじめがわかれば、養生などの対処ができます。
そんな雨を最近では、頭皮が一番早く感知をしてくれています。
年々感度が良くなってきています。
頭の外部は感度がいいのですが、内部の働きはどんどん鈍くなってきています。
現場にはそのような、感度のよいセンサーの持ち主が多くなってきています。
森建築工房


posted by モリケン at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月22日

時間の有効利用?

朝はかなりの雨が降り、車が多くて現場までかなり時間がかかりました。
歩いて行けば3分くらいの所に、車で10分近くかかりました。
事務所の前はJRの踏切があり、150mくらい行くと広電の踏切があります。
JRの踏切は、下りのとき西広島駅に入る前ぐらいから遮断機が下ります。
遮断機のポールが年に数回折られています。
遮断機が降りかけているときに、ノンストップで通り抜ける車が多のです。
一方通行や、9時までの交通規制があり、側道も走れないのでイライラとする人も多いと思います。
掃除機を持って行かなくてはいけないし、大工さんとの約束の時間もあるし、私もイライラしました。
そんな中、化粧をしながら車の運転をされている女性を見ました。
ホンダの白い車に乗っていらした、若い方です。そう、あなたですよ!
手鏡持参でした。段取りがいい。
私も、前の日に段取りをしておけばよかったのに、朝準備をしたので失敗でした。
段取りがいいと時間を有効に使えますね。
現場も・・・・化粧も。
森建築工房






posted by モリケン at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月21日

方向音痴

3〜4年前にカーナビを付けて便利でいいです。
住所。電話番号、施設などを入れると音声付で案内をしてくれる。
私には手放せないものです。
30年以上も前に女房、長女とドライブに出ました。
地図をぐるぐる回しながら目的地探し。
道が混んでいるので、近道ができると思い裏道に入りました。
30分くらい走ると、看板には目的地とはまったく関係ないところに向かっていました。
女房は、その時のことをまだ言います。
そんなカーナビも大きな施設などのときはいいのですが、個人のお宅を訪ねる時には、もう少し親切にしてほしいです。
「まもなく目的地付近です」で案内終了です。
ここからが大事なんです。
私のような方向音痴には、「ここです」と案内をお願いしたいものです。
データーも少し古いので、たまに海の上を走っていることもありました。車(RV)あせあせ(飛び散る汗)
海で溺れることもなく、目的地と大きくズレること無く運転できいま〜す。
ありがとうございます。カーナビさん!
森建築工房
posted by モリケン at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月20日

メダカ

medaka1.jpg
事務所のメダカが活発になりました。
寒い時は水草の陰に隠れてあまり顔を出さなかったが、少し水温が上がると元気に餌を取り合っています。
生き物の自然への対応力は素晴らしいと思います。
去年大工さんにもらったときは、生まれて数週間の小さなものでした。
小さいのであまり多くもらったとは思っていなかったのですが、大きくなると泳ぎ回る水槽が狭いかもしれません。
メダカも増築を願っているかもしれません。
今年は卵を産んでくれて、新人を迎えることができればいいと思っています。
森建築工房
posted by モリケン at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月19日

職人

職人さんと久しぶりに現場で会いました。
頼むような仕事もなく、私も入院をしたり、職人さんも体調を崩したりで、電話連絡では話をしていました。
久しぶりに顔を見ての会話では「腰は大丈夫?」「風邪をひいてしまって」とガタがきているお互いの体を心配しての会話でした。
職人さんとは、30年来の付き合いで、仕事だけでなく、飲んだり、釣りに行ったりといろいろと楽しみました。
「鮎が取れたので奥さん、子供と食べにこないか」など家族的に付き合っています。
景気のいい時も、悪い時も経験して、今はお互いにこじんまりと仕事をしています。
技術を習得するような仕事、手に職を付けるような仕事の若者離れということを良く聞きます。
私の周りの建築現場でも、若い職人さんが少なくなってきているように思います。
私は「職人」と呼ばれるようになりたいと思っています。
名刺に「職人」と書けるように、モノ作りを続けていきたいと思います。

森建築工房
posted by モリケン at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記